登園拒否からの転園。迎えた卒園。。

引っ越しでも転勤でもないのに、保育園から幼稚園へ転園して1年2ヶ月。

ものすご〜く中途半端な、そして理由も理由な転園

幼稚園は怖いとこ(ママ友)
途中入園は相手にされない(ママ友)
幼稚園は大変(ママの役割)



勝手に幼稚園への(悪い・しかも親)イメージを抱きスタートした幼稚園生活。

転園理由は娘のたっての希望。
その本心は実は未だにハッキリとは。。

娘は
怖い先生がいたから、とか。
私のお迎えが遅いから。とか。

本当の理由、当時は分からなかったけど。。
だけど今なら分かる気がする。


それは

わたしが子育て(娘)から逃げていた事かな。
仕事を理由に、子供に向き合わないで周りに任せて子育てから逃げてきてしまった代償。


年中組の秋。それまでも少しづつ保育園へ行く事を渋り始めてた娘。
運動会後、お昼寝も無くなり、体力的に疲れてるのかなーなんて。気にもかけず。

でも、毎日
「今日は2時にお迎えきて」・「今日はお昼食べたらすぐ帰りたい」と訴え、仕事があるから無理だと伝えると「休みたい」「行きたくない」と。

それでもなんとか毎日連れて行く。
行ったらお友達とは楽しく遊んでいるのでそのうち言わなくなるだろう。。と。

しかし、とうとう
「保育園休む」「辞めたい」と。

娘の顔から笑顔も消え、やっとここでただ事ではないのかな?と。

しかし、それまで子育てを保育園に任せてきた私としては向き合い方が分からない。

何かを訴えてるのは感じ取れる。
毎日のように保育園の担任の先生とお話し。

原因もこれといってわからず(その当時は。ちゃんと訴えて伝えようとしてたのに気がつけなかった)

ネットでの検索でしか、向き合い方がわからず、"保育園に行きたくない"で検索。

とりあえずその対応を受け売り。

1週間休ませてみる。
でも、週明け、やはり行けず。
でも約束だからと午前中だけ行く。

仕事の合間にお迎え。静かにね、と言い聞かせてお店で待機させる毎日。

そんな折、娘の口から
「保育園辞めて幼稚園に行きたい」
 
と。


えっ??今更??なぜ???

そこからは保育園の良さ、幼稚園への転園の大変さ両方のメリットデメリットを伝える。

だけど、12月。
本人の意思が固い事。
幼稚園への受け入れが可能なこと。

フルタイムの仕事だけど、
自営で両親も近くにいる事
1年間なら私も仕事を調整しながら頑張れそうという事で幼稚園への転園を。

むしろ、ここで彼女に
向き合わないと一生後悔する
ような気がして決断。

向き合う方法は転園以外にもあっただろうけど。

当時の私はそれが最も良いと、それしか無いと。

怖かった。。。(特にママ友が)

色々不安だらけ。(わからないから)

しかし、転園当日から娘はお友達にもよくして頂き、結局卒園を迎えるその日までとても楽しく園生活を過ごせました。

私も、周りのママたちが本当に優しく明るく面白く、気さくで楽しい一年を過ごせました!!

娘とも色々向き合えるようになり、そんな出来事もきっかけとなりマザーズコーチングを学んだり。

そんなこんなで、娘にも良い変化が


経過を見てきたお友達ママからも、
笑顔が良くなったね
先生からも
行動・発言に自信が出た


そんな事を思い出していたら、たった一年の幼稚園でしたが卒園式では涙涙。。
最後の懇談会の挨拶でも涙。。

頑張った娘。
頑張った私。

でも、やはり。。
1歳のオムツも取れてないヨチヨチ歩きの時から見守り育ててくれ、幼稚園へ送り出す事を一緒に悩み私の最後の決断を笑顔で送り出してくれた保育園の先生方に感謝です!!

これから一年生。

さらに不安だらけだけど、どんな時も見守って行こうと、そして沢山の経験をしてもらいたい!!と。

今なら。
マザーズコーチングを知った今なら
あの時どう対応してたかな
どんな言葉をかけてたかなー。

それでも転園はさせてたかな。

だけど、かけてあげる言葉の質が、悩みに向き合う姿勢が確実に違かっただろうな。

子育てにおいて、
言ってはいけないNGワード
だから当時は本音も聞き出せなかった。
心の内を語れなくなってしまったのかな。

登園拒否はそんな私への娘からのメッセージであり、向き合えるようになる為のプレゼントだったのかな。って思える今。

最後のお弁当には「ありがとう」って手紙。

いえいえ、私がありがとう

本当に濃くて深い、経験をさせてもらった充実した1年間でした!










みや (栗田 実弥)